香港 3泊4日  2016/08/12~15

「お互いがんばったよね、これからもがんばりましょう旅行」と称して、ぷぅ(夫)と旅行して来ました。

夫婦旅行は、実に22年ぶり。

今回は、ナゼかそこに、しゅうやん(悪友)も同行ですが、それも楽し♪ オトナな香港旅行でした。 

    旅行記                      香港基本情報

フライト時間 4時間、直行便
時差 -1時間
通貨 1HK$=16円
   

 

1日目 その1   香港空港~九龍市内

関西空港からANA 10:30発で香港へ。到着は13:50。

香港の外貨両替は、香港でする方がベターとの情報を得たので、まずは到着後、空港内の外貨両替デスクで最低限の換金。

タクシー代はカード不可です。チップも必要なので、現金(小銭)は多少必要!

 

あとは必要に応じて、九龍市内などに多くに外貨両替所があるので、そこでするといいと思います。

 

 写真をクリックすると、キャプション(写真の説明文)をつけています♪

 

1日目 その2 

尖沙咀(チムサーチョイ)、オープン・トップバス・ナイトツアー、女人街

まずはホテルにチェックイン。

その後、身軽になって、ショッピングモールで買物の下見。

それから尖沙咀(チムサーチョイ)の海岸沿いにある遊歩道、星光大道(Avenue of Stars)へ。

遊歩道には、香港俳優の名前と手形がいっぱい。ブルース・リーの銅像は要チェック!

 

★最新情報★ 2018年年末まで「アベニュー・オブ・スターツ」閉鎖中

2015年10月18日より「アベニュー・オブ・スターツ(星光大道)」改修工事中のため閉鎖中です。

ブルース・リー像など展示物は尖沙咀(チムサーチョイ)東海濱平台花園、星光園などに移設されているそうです。

 

 

その後、JTBが運営するオプションツアー「マイバス」のオープン・トップ・バス・ナイトツアーへGO!

蒸し暑い香港の夜、心地よい風を受けながら高い位置から香港を楽しめます!

ツアーの中身は、ネイザンロード車窓、女人街自由散策、その後ホテルまで送迎です。

 

私たちは晩ご飯を食べていなかったので、「女人街」で下車し、解散しました。

事前にスタッフに伝えておけば、フレキシブルに対応してくれます。

「女人街」を冷やかしながら、晩ご飯のお店を探して彷徨いました。

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

1日目 その3 晩ご飯

「竹園海鮮飯店 CHUK YUEN SEAFOOD RESTAURANT」

         Add:九龍尖沙咀漢口道28号 亞太中心地庫

ガイドブックでピックアップしておいたお店のひとつ。

時刻は既に22時前。お昼を食べずに歩き回ったので、ハンパない空腹感。

お店前のデスクにスタッフがいて、予約なし3人と伝えるとすぐに案内が。

 

チンタオビールをたらふく飲んで、空腹感に任せて食べまくりました。

イヤ~、香港すごいね、美味しいわっ。

これだけの味、それなりの盛り付け、満腹まで食べてもひとり日本円で7千円ほど!!

観光客向けのレストランだけど、十分に満足。

実は、このお店の看板料理は「チーズロブスター」だったのに、それを食べそこねると言う残念なことはありましたが。

それでも満足してホテルへ戻りました。

 

2日目 その1 朝ご飯は飲茶♪

「倫敦大酒楼 LONDON RESTAURANT」

        ADD:中国香港旺角弥敦道612号(好望角大厦)(MTR旺角 E2出口1分)

 

香港の朝ご飯なら飲茶でしょう!

と言うことで、「倫敦大酒楼」でワゴン式モーニング飲茶を楽しみました。何でも経験したいのだ!

ガイドブック掲載率100%に近い有名店だけど、地元の方々もたくさん食べに来られています。

 

テーブルについたら、まずは「洗杯(サイプイ)」。

香港では、一般的なレストランでは昔からの習慣で「洗杯(サイプイ)」をするそうです。

「洗杯」とは、お湯で、お茶碗や箸を洗うこと。さっそく初挑戦!

見よう見マネでやってみましたが、間違ってお茶で洗ってしまいました(^^;)

だってね、急須を2つ一気に持って来られたんですけど、中身を確認しなかったんですよね~。

ひとつはお湯で、ひとつはお茶だったんですね。

わからんかったわ~、同じ急須やもん ┐(´ー`)┌

 

いよいよ飲茶を頂きます。このお店、ガイドブックにあれだけ載ってるのに、日本語どころか、英語もほぼ通じません!

店内に聞こえるのは広東語。

メニューは日本語メニューがありますが、メニューなど要りません。

 

ウエイトレスのおばさんが、ワゴンにセイロを山積みして、テーブルを回って来ます。

まずは声をかけて「見せて!」とゼスチャー。

すると、セイロの蓋をあけて中身を見せてくれます。

欲しければ、ジェスチャーでそれを伝える → 飲茶を渡してくれて、レシートにスタンプ押してくれる。

このパターンで食べたい飲茶をゲットできます。 

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

2日目 その2

黄大仙廟(ウォンタイシン) Add:九龍黄大仙竹園村二号

天后古廟(ティンハウ廟)    Add:九龍油麻地廟街近眾坊街

 

旺角からMTR(地下鉄)で、黄大仙駅まで約30分。

駅のすぐ前にあるのが、願掛けや占いで有名なお寺、「黄大仙廟」です。

なんと、ここで大雨の遭遇。降ったり止んだりを繰り返す合間に観光しました。

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

 

その後、MTRで再び黄大仙廟駅から、油麻地まで約30分かけて戻り、

油麻地駅から歩いて400mほどで、「天后古廟(ティンハウ廟)」があります。

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

2日目、その3

湾仔(ワンチャイ)、上環(ションワン) in 香港島

文武廟(マンモウミュウ)  Add:上環荷李活道128號

ティンハウ廟をあとにして、MTRで香港島初上陸!!

湾仔(ワンチャイ)駅で下車。

街をブラブラ歩くと、庶民の台所、市場がたくさんあります。

このあたり、太原街(タイユンガイ)、交加街(ガオガガイ)と呼ばれるようです。

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

 

そのあと、トラムに乗って湾仔(ワンチャイ)から上環(ションワン)まで移動。

無類の路面電車好きの私は、ワクワク♪ 動画も撮ったので見て下さい。

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

 

上環から歩いて着いたのは、「文武廟(マンモウミュウ)」

文字通り、文武の神様です。大きな黄色のお線香で参拝体験もしました♪

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

香港島の北岸をトラムが走ります。ゆっく~り走るトラムは、町並みをリアルに感じられます。

路面電車好きの私は、見つけたら絶対に乗ります♪

後ろから乗って、前から降ります。MTRに使えるオクトパスカードが使えます。

想像以上に細っこいトラムです。

2Fは窓がなくて風が入って気持ちがいいです。

2日目、その4

スターフェリーで香港島 → ピークトラムでヴィクトリア・ピーク

九龍から香港島へ渡るにはMTRが1番早いけれど、香港を楽しむならスターフェリーには乗らないとね!

100年以上の歴史があるスターフェリー(天星小輪)に乗ると、海から香港島と九龍を眺めることができます。

たった10分ほどの船旅です。

そのあと、中環ピーク・トラム山麓駅までバスで向かい、ピーク・トラムに乗車。

大人気の観光スポットなので、30分以上の待ち時間は覚悟です。

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

2日目、その5 晩ご飯

「鏞記酒家(ヨンキーレストラン)YUNG KEE RESTAURANT」

ADD:中環威霊頓街32−40号 鏞記大厦

        そして、蘭桂坊(ランカイフォン)LAN KWAI FONGでナイトライフ

 

動き回った1日。足も究極に痛いし、おなかも減りすぎて死にそう(^^;)

香港2日目の晩ご飯は、創業1942年の老舗。

ガチョウのローストで香港大賞を獲得したレストラン。

香港ツウの方にもススメられたレストランです。

今回、予約していませんでしたが、問題なく入れました

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

3日目、その1

ターボジェットでマカオへGO!

3日目は、フェリーでマカオへ行くことに。

MTRで尖沙咀(チムサーチョイ)から上環(ションワン)まで移動。

マカオフェリーターミナルからターボジェットでマカオへ。

 

マカオは、中国の特別行政区なので、パスポートが必要です!

出国審査を受けて、船の中でマカオ入国書類を書く必要があります。

船、想像以上に揺れます。ややグロッキーになりますので注意(笑)

 

マカオ通貨はパタカです。今はフツーに香港ドルが使えます。

ただし、おつりでパタカが戻ってくることがあるので、イヤなら香港ドルで!と言う必要ありです。

 

マカオフェリーターミナルには、3社乗り入れてるので、値段、出航時間などを吟味して選ぶのも良いと思います。

約1時間でマカオ到着。

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

3日目、その2 マカオ歴史地区を歩く

マカオには世界遺産がたくさんあります。

マカオはかつてポルトガルの統治下にあったので、香港とは全くちがう、ヨーロッパの雰囲気です。

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

3日目、その3 マカオタワー

マカオ半島南岸にある338mのマカオタワーは、マカオのランドマークですね。

マカオタワーはアクティビティが充実しています。

バンジージャンプ、マカオタワーの外周を歩くウォークなどなど。

アタマのおかしい人の楽しむエキサイティング・アクティビティです(笑)

当然、な~んにもしませんでした。

20代だったら、ウォークはしたかな?(笑)

とにかくアクティビティは大人気だったので、挑戦したいひとは午前中が狙い目か?

カジノも結局はせず、ターボジェットで再び香港へ帰りました

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています

3日目、晩ご飯 ナッツフォードテラス(諾士佛台 / Knutsford Terrace)で

「烏籠大城小廚 Birdcage Chinese Gourmet 」

 

香港島は、欧米人が多く住んでいることから、中環(セントラル)周辺に「 蘭桂坊(ランカイフォン)」や「蘇豪(ソーホー)」などナイトスポットがいくつかあるけれど、九龍にもあると言うので、今夜は尖沙咀(チムサーチョイ)にある「ナッツフォード・テラス」へ

ネイザン・ロードの東側で、ホテルが密集する「金巴利道(キンバリーロード)」のと近くなのですが、道に沿ってあるワケでなく、ビルとビルの隙間の通りにあるので、偶然行き着く場所ではないので、行きたい場合は、Google mapでチェック要です。

 

 ※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています 

4日目、最終日

 

旅行中、雨予報続きだったけど、ほとんど雨に降られず順調に来たけれど、とうとう最終日は大雨。

 

朝ご飯を食べるついでに、「金魚街(ガムユーガイ)」や「雀鳥花園(バードガーデン)」を覗いてみようかMTRで出発。

しかし、雨のせいか、早朝のせいか、ほとんどお店が開いていない。残念~。

おなか空いたので朝ご飯はココ、「大家楽 CAFE DE CORAL」。

地元の人もいっぱいで、朝から繁盛していました。

 

昼にタクシーで、空港まで。帰宅しました。

 

※写真クリックするとキャプション(写真説明)をつけています