山田 詠美

「ぼくは勉強ができない」 山田詠美 著

<あらすじ>

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだー。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪いのだ。この窮屈さはいったい何なんだ!凛々しい秀美は活躍する元気溌剌な高校生小説。

 

<感想>

この小説は、高校生の長男の読書感想文の課題。部屋に置きっぱなしになっていたから拝借して読んだワケだが・・・(今どきこんなぶっ飛んだ本が課題図書なの?)思ってしまった。だって主人公の時田秀美くんはショット・バーで働く年上の女性:桃子さんと付き合っていてセックスを楽しむ関係。秀美くんのお母さんは高校生の息子に恋愛相談はするほどぶっ飛んでるし、分かり合える教師の桜井先生とは「セックスが強い、弱い」なんて話を日常でしている。高校生の息子を持つ母親として、今の高校生の世界ってこんなんかよ?と。

国語担当の教師は生徒のどんな感想を求めて課題図書にしたんだろうか?生徒の感想よりも私はむしろそっちの方に興味がある。

とは言え、あとがきに山田詠美さんが書いているように、リアルタイムの高校生よりもむしろオトナが読むべき小説であるように思った。

小説の中に、秀美くんが不運にも財布に持っていたコンドームを学校で落としてしまうくだりがある。それを見つけた教師は秀美くんを怒鳴りつけ、放課後に職員室に来るように言う。佐藤と言うその教師は「コンドームを持ってきていいと思っているのか?」「持っていると言うことは使っていると言うことか?」と聴かれる。秀美くんはあっさり言う。「そうです。彼女と使っています。」と。その返事に怒りを爆発させる佐藤先生。でも秀美くんは言う。「彼女が大切だから使っているのです。まだ子供はいらないし、お互いのために」と。怒ってる佐藤先生の方が滑稽だ。言い返せなくなった佐藤先生は「こんなものを持っているから勉強ができないのだ」と秀美くんを叱る。秀美くんはナゼ佐藤先生に謝る必要はあるのだろうか?と思う。私もお門違いだと思う。

高校生の頃、こう言う理不尽な教師と出会ってきた。高校生の頃はその教師に言い返せるだけの”なにか”を私は思っていなくて、悔しいと思いながらも先生の意見をわかったフリしてその場を逃れていたように思う。

政治家を目指すと言い出す友達、美少女に憧れる級友。「死」を選んでしまった友達・・。

高校生の時に出会ういろんな出来事を秀美くんの目で追体験した気がした。

 

「風味絶佳」 山田詠美 著

<あらすじ>

・「甘くとろけるもんは女の子だけじゃないんだから」。孫にグランマと呼ぶことを強要する祖母・不二子は 真っ赤なカマロの助手席にはボーイフレンドを、バッグには森永ミルクキャラメルを携え、70歳の今も現役ぶりを発揮する――。

・鳶職の男を隅から隅まで慈しみ、彼のためなら何でもする女、・「料理は性欲以上に愛の証」とばかりに、清掃作業員の彼に食べさせる料理に心血を注ぐ元主婦など、お互いにしかわからない本能の愛の形を描いた珠玉の6篇を収録。

山田詠美が作家生活20年目に贈る贅を尽くした最高傑作。

 

<感想>

短編集。「間食」「夕餉」「風味絶佳」「海の庭」

「アトリエ」「春眠」の6編。私は「海の庭」と「春眠」が気に入った。

「海の庭」の手を繋ぐ・キスをする・・・セックスすると言う行為のない関係の中に見える

淫靡さを10代の娘の行動と対比させているあたりなかなか・・・と言う感じ。

「春眠」も人が何に惹かれあい、求めるのか・・・と言うのを表現してると思った。

 

「A 2 Z」 山田詠美 著

<あらすじ>

恋は知らない時間を連れてくる。

大人の極上の恋愛小説。読売文学少女賞の傑作。

文芸編集者・夏美は、年下の郵便局員・成生(なるお)と恋に落ちた。

同業者の夫・一浩は、恋人の存在を打ち明ける。

恋と結婚、仕事への情熱。

あるべき男女関係をぶち壊しているように思われるかもしれないが、今の私たちには、これが形――。

AからZまでの26文字にこめられた、大人の恋のすべて。

読売文学賞受賞作。

 

<感想>

単なる不倫・浮気の小説とも、新しい夫婦の形を示した小説でもない。

仕事も家庭も順調な夫婦の中にふっと差した「恋するキモチ」を

山田詠美風に現代的にオシャレに描いた作品。

共感できると言い切れないけれど、人に惹かれるキモチは状況や年齢は関係ない。

夫婦で「恋してる」と語れるなんてのはフツウじゃあり得ないが、

話したくなる夫の妻の気持ちもわからなくない。

長く夫婦やってると<男と女>よりも<同志>の感覚が増えていく。

誰よりも私をわかってくれる他人が夫であり妻であるし。

主人公:夏実の10歳年下の彼:成生も25歳なのに魅力的でおしゃれな言葉をくれる。

だからこそ恋に落ちたりしたんだろうけど。

「食べて、話して、セックスしてシンプルなそれだけを君としたかっただけなんだ」

コレ、名セリフかも。