山田 宗樹

「嫌われ松子の一生」 山田宗樹 著

<あらすじ>

(上巻より)

東京で大学生活を満喫していた川尻笙は、突然の父の訪問で、

三十年以上前に失踪した伯母・松子の存在と、

彼女が最近東京で何者かに殺されたことを知る。

部屋の後始末を頼まれた笙は、興味本位から松子の生涯を調べ始める。

それは、彼にとって凄まじい人生との遭遇だった・・・。

惨殺された女性の生涯を通じて炙り出される人生の光と影を描く傑作巨編。

(下巻より)

中学教師だった松子は、ある事件で馘首され故郷から失踪してしまう。

そこから彼女の転落し続ける人生が始まった。

一方、松子の生涯を辿っていた笙は、殺人歴を持つ男やかつての友人との出会いを経て、

松子が小さな幸せを求めて格闘した生身の女性だと気づいていく。

運命の波に翻弄され続けてた女性の人生の軌跡を描く愛と感動のミステリ巨編!

 

<感想>

典型的な「女の転落話」。

ワイドショーで良く見るような、ソープ嬢になり、男に貢ぎ、騙され、クスリに手を出しと言う不幸のオンパレードな女:松子。

こんな悲惨な人生もここまで徹底的に描き抜けばそれはそれで痛快とも言えるが、そもそもの始まりは現代で言う「パワハラ」と「セクハラ」なのである。

時代背景や社会の価値観的に仕方なかった時代なのだろうけれどあまりにも理不尽。

失踪してからの松子は人生に何度か様々な岐路が巡ってくる。

なのに松子はことごとく行ったらあかんやろ!という方向へ進むのである。

助けてくれる人もいるのに気づかない、選ぶ道は全て不幸へと結びついていく。

松子の性格にもかなり問題があり、何でもかんでも人のせいにして自分の人生に責任をとろうとしない姿勢に読んでいてイライラとフラストレーションが溜まったが、こんな性格じゃ、そりゃ不幸にもなるだろうよと怒りさえ覚えるけれど反面、ダメ男に心から尽くす可愛い女でもある。

そんなこんなで女として、松子の気持ちがわかるような、わからないような。

同情するような、イラつくような、モヤモヤしながらも最後まで読めてしまったそんな小説でした。