盛田 隆二

「夜の果てまで」 盛田隆二 著

<あらすじ>

著者会心の最高傑作! 感動の恋愛小説。

二年前の秋からつきあっていた女の子から突然の別れ話をされた春、

俊介は偶然暖簾をくぐったラーメン屋で、ひそかに「Mさん」と呼んでいる彼女と遭遇した。彼女は、俊介がバイトをしている北大近くのコンビニに、いつも土曜日の夜十一時過ぎにやってきて、必ずチョコレートの「M&M」をひとつだけ万引きしていくのだった…。彼女の名前は涌井裕里子。俊介より一回りも年上だった。ただひたむきに互いの人生に向き合う二人を描いた、感動の恋愛小説。著者会心の最高傑作。

 

<感想>

読み始めは良かったが、中盤から間延びした感じがあり、

若さなのか甘さなのか、苦悩の深さが伝わらないのが残念だった。

結局(青春小説)と言う感じが否めない。