長谷川 康夫

「深呼吸の必要」 長谷川康夫 著

<あらすじ>

あたしで、いいんだ。

沖縄の"キビ刈り隊"に参加した7人の男女。

それぞれが新しい自分と出会った35日間。

争いごとが苦手で、愛想笑いばかりしている派遣社員のひなみ、

自分の殻に閉じこもっている高校生の加奈子、自分の夢から逃げ出した池永・・・。心の傷を抱え、沖縄のキビ刈り隊に参加した7人の若者達。大自然の中での過酷で単調な作業を通じ、それぞれが自分自身と向き合い、徐々に満たされていく姿を描いた青春小説。

 

<感想>

小説を読んで胸が熱くなったと言う感覚は久しぶりだと思う。

青春小説と言う括りは好きになれないけれど、

(自分の居るべき場所)(なりたい自分)とのギャップに悩み、

その状態を何とか自分で打破しようとする姿は心を熱くする。

たった35日間でも、自分を見つめ直すと言うことは大切な事だと思う。

楽な方に流されてしまいがちな毎日の自分に反省。

この小説は映画にもなった(映画レビューはココ