辻 仁成 (つじ ひとなり / つじ じんせい)

「サヨナライツカ」 辻仁成 著

<あらすじ>

「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す」。

"好青年"とよばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。

そこから始まる激しくくるおしい性愛の日々。

二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。

愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説。

 

<感想>

「エコーズ」のミュージシャンだった頃から好きではなかったため、

彼が小説家として有名になってからも彼の作品を読んだことがなかったが、切ない小説として人気の「サヨナライツカ」を読んでみた。

彼の言いたい恋愛もわかるし、切なさも十分理解できるのであるけれど、あまりにもキレイに描きすぎていて感情移入ができなかったのかな?っと思う。

設定は悪くないし、こんな恋愛なら私も生涯忘れられないだろうけど、

私の中には もっとドロドロしたエゴなんかが渦巻くだろうと思うので

イマイチ乗り切れないまま2日で読んでしまった。

友人のCOCOちゃんは、この小説で泣いたそうだ。

私はダメでも、読み手によっては感動を与える作品なのだろうと

認めざるを得ない。

 

「冷静と情熱のあいだ Blu」 辻仁成 著

<あらすじ>

あのとき交わした、たわいもない約束。10年たった今、君はまだ覚えているだろうか。やりがいのある仕事と大切な人。今の僕はそれなりに幸せに生きているつもりだった。だけど、どうしても忘れられない人、あおいが、心の奥に眠っている。あの日、彼女は、僕の腕の中から永遠に失われてしまったはずなのに―。

切ない愛の軌跡を男性の視点から描く、青の物語。

 

<感想>

繊細な男の話。

この本は江國香織の「冷静と情熱のあいだ-Ross-」の男性版。

先に江國さんのを読んでいた為、どうもイライラする感じが消えなかった。

順序を逆に読んだらどうだったのだろう。