谷村 志穂

「僕らの広大なさみしさ」 谷村志穂 著

<内容>

男は、ドーナツ・ショップで見知らぬ女を拾った。

身体を重ねることから始まった、奇妙な出会い。

39歳、元野球選手の男と、精神を病んだ母親を見捨て家出した17歳の少女は、互いに自分の事を話さずに、一緒に暮らし始めるが・・。

臆病で無垢な男と女。触れ合うことで傷つき、癒されてゆく人間の

孤独と自立を描く恋愛長編。

 

<感想>

もう私には、この手の小説に共鳴する感覚がないんだな・・・っと、実感してしまった。

17歳の少女の持つ背景、起こした行動自体(甘いよ)と思っちゃったし、39歳の元野球選手の抱える日常も、受け止めて前向きに生きろよとしか思えなくて読み終えることさえギリギリだった。

感情を全面に出した小説です。