岩井 俊二

「ラブレター」  岩井俊二 著

<あらすじ>

想い出にもう一度だけ恋をした

雪山で死んだフィアンセ・藤井樹の三回忌に、渡辺博子は想い出を封印するかのように、樹が中学時代に住んでいた小樽に手紙を出す。

ところが、今は国道になっているはずの住所から返事がくる。

天国の彼からの手紙?博子は再び返事を書き、奇妙な文通が始まる。

もうひとりの藤井樹は何者なのか?

二度と戻れないその場所から、大切な何かが蘇ってくるのだった。

 

<感想>

優しい穏やかな小説だった。

映画化された作品のヒロインは中山美穂がキャスティングされてたんで

映画を観ていないのに博子のイメージは中山美穂が抜けず読んだ。

<死>によって愛するものを失うと言うことは、残されたものにとって残酷である。

相手に対する思いはどんどん美化していく。

この小説の博子も現在(いま)博子を大切に思い、

愛してくれている秋葉がいるのに死んでしまった彼=藤井樹を忘れられずにいる。

それは秋葉にとって残酷な現実だ。死んでしまった相手には叶わない。

ましてや死んだ彼が友人で、死の原因の一端に自分が絡んでいるとしたら

博子が亡くなった恋人への思いを封印あるいは受容し越えてくれる時を待つしかない。

いろんな読み方のできる小説だろうが私は秋葉についても考えてしまった。