奥田 英朗 (おくだ ひでお)

「我が家の問題」  奥田英朗 著

<あらすじ>
夫は仕事ができないらしい。それを察知してしまっためぐみは、おいしい弁当を持たせて夫を励まそうと決意しー「ハズバンド」。新婚なのに、家に帰りたくなくなった。甲斐甲斐しく世話をしれくれる妻に感動していたはずがー「甘い生活?」。それぞれの家族に起こる、ささやかだけれど悩ましい「我が家の問題」。人間ドラマの名手が贈る、くすりと笑えて、ホロリと泣ける平成の家族小説。

<感想>
6話からなる短編集。久々に奥田英朗氏の作品を読みました。やっぱ上手いです。
それぞれの家族にはそれぞれの悩みがあるワケで・・それを前向きに描いた優しい短編集でした。
軽く読めてほろっとさせる小説です。

「甘い生活?」
新婚である田中淳一が帰宅恐怖症になるお話。優しさ故に本音を出せずに来た新婚夫婦が夫婦の第一の関門にぶち当たる時を描いていたと思います。まぁ根本考え方が違う夫婦なので、やや先行きが不安な気がしないでもないですけど。
「ハズバンド」
(夫はどうやら仕事ができないらしい)と気づいてしまった妻目線で書かれたお話。実際のところ確認せずに夫を思って美味しいお弁当を作り、毎日持たせる決意をしがんばっているめぐみさんがいじらしく思えました。
「絵里のエイプリル」
(どうやら両親は離婚したがっているらしい)ひょんなことからそのことを知ってしまった高校3年の絵里が、今までは両親へ思いやりを持たずに毎日を当たり前に過ごしていたことに気づき、両親を観察することに。淡々と何もなかったように日常を送る父と母。本当なのか?我が家は壊れちゃうんだろうか?不安に揺れながらも、心の成長を見せる絵里の心情が繊細に描かれた作品でした。この短編だけが子どもの目線から描かれた作品でした。
「夫とUFO」
(夫がUFOを見たと言い出した。しかも最近は交信できるようになったと言う。夫は大丈夫なのだろうか)
このお話の主人公、妻の美奈子の行動がすごくステキ。ストレスから全てを抱え込み、精神症状が出ている夫に詰め寄るのでなく、「これからお父さんを救出してきます」って姿勢がいじらしくてグッと来ました。
本作で1番印象に残り、1番好きでした。
「里帰り」
新婚の夫婦。仕事が充実している東京在住の若夫婦は夏休みは海外で過ごしたいところだが、新婚ゆえに、お互いの実家へ里帰りを選ぶ。最初は儀礼と割り切っていたふたりだが、両方の実家で温かく迎えられて気持ちが変わる感じが温かでした。
「妻とマラソン」
ベストセラー作家の妻は、毎日1時間以上のマラソンを日課にし、その趣味がどんどんエスカレート。夫が気づいた妻の心のバランスの変化。マラソンに打ち込む根底にある理由を知り、家族で東京マラソンに出場する妻(母)を応援するシーンが良かったです

 

「家日和」  奥田英朗 著

<あらすじ>

42歳の主婦・晴美は、不要品をネットオークションに掛けたことがきっかけで、ネットオークションにハマり、次々と出展しはじめる。「サニーデイ」

36歳夫の会社が倒産。専業主婦だった妻が働き始め、夫が家事をすることになる。「ここが青山」

離婚寸前の営業マン38歳の正春。妻が家を出てからインテリアショップ巡りに目覚める。「家においでよ」

東京郊外の一戸建て、二人の子供を持つ専業主婦の弘子は、平凡だが幸せな毎日を過ごしていた。ある日自宅を訪れた営業マンに会った夜から、妙な夢を見始める。「グレープフルーツ・モンスター」

イラストレーターの春代の夫は職を変わってばかり。ところが彼が転職するたびにイラストの出来がよくなることに気づく。「夫とカーテン」

42歳作家の夫の妻が<ロハス>に凝りだした。子供ともどもつきあうことにしたものの・・・。「妻と玄米御飯」

それぞれの家庭内の「明るい隙間」を名手が描く短編集。

 

<感想>

奥田英朗、絶対ハズさない作家だ。

本作品は「ガール」「ララピポ」と似た作風だがどの短編も「優しさ」「温かさ」をベースにしてあり

ほんのり温かに仕上がっている。中でも「サニーディ」は秀作。

中年おぢさんの奥田氏が40歳前後の主婦の気持ちをこれほどまでに的確に理解し、

文章で表現してくれることに感嘆する。

どの短編もラブラブの時期を過ぎ、軽い倦怠期の40代の夫婦が主人公。

決定的な亀裂はないけど、軽いズレはある感じが今の自分とダブって共感してしまった。

 

「町長選挙」  奥田英朗 著

<あらすじ>

伊良部、離島に赴任する。そこは町長選挙の真っ最中で…。「物事、死人が出なきゃ成功なのだ」直木賞受賞作『空中ブランコ』から2年。トンデモ精神科医の暴走ぶり健在。

離島に赴任した精神科医の伊良部。そこは、島を二分して争われる町長選挙の真っ最中だった。伊良部もその騒動に巻き込まれてしまい…。「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」でお馴染みの、トンデモ精神科医の暴走ぶり健在!

 

<感想>

伊良部先生の第3弾。

今回は時事ネタをふんだんに盛り込んでの伊良部一郎。

読んで即、誰のことを題材にしてるかわかってしまう(名前も微妙に似てたりするんで・・)。

これってどうなんでしょ?私は残念だなと思ったんですけどね?

ま、伊良部先生にかかればどんなヘヴィな悩みも本当につまらないことに思えてしまうあたりはさすがの筆力だと思ったけれど、世の中を皮肉るのが今回の目的だとすれば、いいのかな。

でもね、伊良部先生はちょっと失速気味で残念でした。4弾を出すなら原点に戻って欲しい。路線を戻しての第4弾を期待!

 

「マドンナ」  奥田英朗 著

<あらすじ>

人事異動で新しい部下がやってきた。入社四年目の彼女は素直で有能、その上、まずいことに好みのタイプ。苦しい片想いが始まってしまった。(表題作:マドンナ)。ほか四十代・課長達の毎日をユーモアとペーソス溢れる筆致で描く短編5編を収録。上司の事、お父さんの事、夫の事を知りたいあなたにもぴったりの一冊です。

 

<感想>

一般企業に勤めるサラリーマンを主人公にした短編小説集。

大きな事件が起こるのではない。部下に恋心を抱いてしまう上司がいたり、

女性の上司との関係にイラついたり・・思うようにはならない現実の前に、

うろたえ、怒り、諦め・・もがいて生きている40代の中年男性を軽いタッチで読ませてくれる5編。

気軽に読めるし、読ませる筆力はさすが。

そろそろ、「最悪」「邪魔」クラスの重い小説の刊行を期待する。

 

「空中ブランコ」  奥田英朗 著

<あらすじ>

空中ブランコのジャンプが出来なくなってしまったサーカス団の団員。

先端恐怖症のヤクザ。

先輩教授のカツラを剥がしたくて仕方がない強迫観念に襲われる講師。

球界1の3塁手が1塁へのスローインが出来なくなってしまうプロ野球選手。

嘔吐症と強迫症に悩む売れっ子女流小説家。

今回は5人の患者が伊良部病院の精神科を訪れる。

しかし精神科医の伊良部は、5歳児並の感性の持ち主。

こんな医者に診てもらってていい?と一方で悩みながらも

伊良部の奇行に病気で悩むことに馬鹿馬鹿しくなってしまう始末。

彼の治療は意図したものなのか?

大好評の前作『イン・ザ・プール』から二年。

欲望の赴くままに、伊良部が再び暴れ出す。

 

<感想>

「イン・ザ・プール」から2年。

痛快・伊良部先生を待ってた私。

前回作に比べ勢いでは前作より落ちるとは思うが、それでもどれもおもしろく巧くまとまっている。「空中ブランコ」する伊良部を想像するだけで笑える。

5編の中で私が好きなのは、義父であり病院を牛耳っている教授の

明らかに見え見えのカツラを思いっきりはぎ取りたくなる強迫観念に悩まされる講師の話。私もそうなんだよねぇ~。分かり切ってるカツラを見ると「みんなの前ではぎ取りたい!」っと思うしね(笑)

「イン・ザ・プール」と共に読まれることをお薦めします!

 

「サウスバウンド」  奥田英朗 著

<あらすじ>

父は元過激派だ。

小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友ができ、ほかの家はそうではないらしいことを知った。父はどうやら国が嫌いらしい。昔、過激派とかいうのをやっていて、税金なんか払わない、無理して学校に行く必要などないとかよく言っている。家族でどこかの南の島に移住する計画を立てているようなのだが……。

――型破りな父に翻弄される家庭を、少年の視点から描いた、長編大傑作。21世紀を代表する新たなるビルドゥングス・ロマン

 

<感想>

あぁ~悔しい。奥田氏の小説は全部おもしろいじゃないか!

ここに感想を述べている5冊はどれもおもしろく分厚いクセに一気に読ませてしまう。奥田氏の小説は今や私を裏切らない作家のひとりだ。

主人公は小学生。主人公が子供と言う設定は小説でも映画でも好きでないが、この作品は上原一郎という人物を、息子の目を通して描いていくという手法がよりおもしろくしているのだと評価できる。前半の東京での暮らしと二郎の友達、そして不良中学生との関係。2部の西表島に移住してからの生活。まったく違う設定であるが両方おもしろかった。

読もうかな?っと迷ってるなら読まれる事を勧める1冊。

 

「ガール」  奥田英朗 著

<あらすじ>

30代。OL。文句ある?さ、いっちょ真面目に働きますか。キュートで強い、肚(はら)の据わったキャリアガールたちの働きっぷりをご覧あれ。

<こんなお心あたりのある方に、よく効きます。

 

<感想>

「ららぴぽ」に続きライト感覚な小説。

毎回読み終えた後に思うが、奥田氏の小説は読みやすく、引き込まれやすくハズレがない。だけどそろそろ「最悪」や「邪魔」のようなハードな小説を読みたいな。

さて、「ガール」について。

10,20代前半にはわかんない小説だろう。読んだあとに、「30代の女性の気持ちがわかった」とか「オンナって怖~い」なんて言われたくない。「痛いけど、図星だ」と思いながら「誰がどう言おうと、私はこれからも自分らしく生きる!死ぬまで青春!」と言いたくなる小説であって欲しい。

最近職場でつくづく思う。若いってそれだけで可愛いと。悲しいけど現実。

若いコトで勝ち誇られても仕方ねぇーなと思う。そして私も若いコトをウリにしてた時があったなと。だけどみんな歳は平等に取って行く。どんな30代、40代、50代を生きるのか?それが大切だと。

「ヒロくん」「マンション」「ガール」「ワーキングガール」「ひと回り」の5短編で構成されているが印象に残ったのは「ガール」。

私のそばにこんなオンナがいたら引いてるし、好きじゃないだろうけど、

貫くことに素晴らしさがあるし見かけは人の中身と違う。

あっぱれ!ガールスタイルを貫いてくれ!と思えた小説だった

 

「ララピポ」  奥田英朗 著

<あらすじ>

最新爆笑小説、誕生!「しあわせ」って何だっけ?

選りすぐりの負け犬たち、ここに集合!

勝ち組なんていない。神は何故、この者たちに生を与えたもうたか?

対人恐怖症のフリーライター 杉山博(32歳)

AV・風俗専門のスカウトマン 栗野健治(23歳)

専業主婦にして一応AV女優 佐藤良枝(43歳)

NO!と言えないカラオケBOX店員 青柳光一(26歳)

文芸コンプレックスの官能小説家 西郷寺敬次郎(52歳)

デブ専裏DVD女優のテープリライター 玉木小百合(28歳)何かが欠落し歪んだ世界で生きる6人。でも彼らも一生懸命生きている!ぶっ飛んでいる負け組6人のクレイジーな6つのストーリー。爆笑と切なさが交錯する、傑作群像小説。

 

<感想>

新聞広告に宣伝。本屋にも平積みの奥田英朗の爆笑小説!即買い即読。それぐらい奥田英朗には信頼をおいている。今回もその期待を裏切らずに楽しませてくれた。少々お下劣過ぎて軽すぎない?と言う感じはあるが頭を使わず楽しく読めて気がつけば完読。(先に読んでいた「天使のナイフ」よりも先に読み終えてしまった)

注文をつけたくなることもあるが、感想は良かったコトを述べる。

登場人物6人。今回も微妙な繋がりがある。こう言うところ上手い、それに最悪な方向に進んでいく話を書かせるとヤルんだな、奥田さんは。真似のできないセンスだ。また、装丁が凝っている。黒いカバーの下に出てくるのは江戸期の風刺画(浮世絵と言って良いのかな)。エロい風刺画だけど江戸の華やかなエロっぽさが小説の内容とも合ってて粋。

 

「邪魔」  奥田英朗 著

<あらすじ>

「ついてねえな。・・・ついてないどころじゃねぇだろう。」

 ― 渡辺裕輔・17歳・高校生

「夫など帰ってこなければいい。いっそ事故で死んでくれてもいい。

 そう考える自分を、少しも悪いと思わない。」

 ― 及川恭子・34歳・主婦

「自分の感情がわからない。怒りでも、悲しみでもない。それはもしかしたら、 生きていることの違和感かもしれない。」

 ― 九野 薫・36歳・刑事

上記3人がこの小説の主人公。

どこにでもいるような3人のがどんどん落ちていく様を書いた小説。

 

<感想>

奥田英朗ってホントうまい!

この小説が好きとか嫌いの前に心理描写巧いし、展開がうまいんだな。

長編小説なのに飽きさせないし、逆に何度か「ん?そうくるか・・・」と

意外性をつきつける引力のある文体。悔しいけどおもしろい。

悲壮な人生書いてるのに、読者側には<第三者的>に読ませるドライ感があってそこがまたいい。

「最悪」はどこまで「最悪よ!」っと言う話だったが、「邪魔」もほんと「邪魔なんだよ」と言う話。

 

「イン・ザ・プール」  奥田英朗 著

<あらすじ>

水泳中毒、持続勃起症、ストーカー思いこみコンパニオン、

ケタイ中毒、不安神経症5つのヘンなビョーキをトンデモない神経科の医師・伊良部先生がトンデモない治療!?を行う新爆笑小説。

 

<感想>

マザコンでデブの注射フェチ!

ヘンな精神科医伊良部と、露出狂の看護婦とが不思議な診察室で繰り広げる不思議な治療法がなかなか笑えていい。

神経科に通うわけだから、患者本人はド真剣に症状で悩んでいる。それを伊良部先生は、治療してるのか反面教師してるのか、はたまた天然のボケなのか、患者の症状そのままの行為を繰り返したり、どんどんエスカレートして患者にたしなめられたりしながら治療をしていく(!?)。なんだかとてもおかしい。

かなりお薦め♪

 

「最悪」   奥田英朗 著

<あらすじ>

川谷信次郎は、町工場の社長。工場は住宅地の真ん中にある。

不景気なご時世の経営不安と、深夜や休日の工場騒音の住人からの苦情など難題が山積みである。銀行に勤める藤崎みどりは、会社の合宿で、酔った支店長からレイプされそうになる。勇気を振り絞って信用できる上司に相談するが、銀行内の派閥抗争に利用され、怪文書が出回る。パチンコで食いつないでいる野村和也は、店で知り合ったタカオと、盗んだトルエンで儲けようと工場に忍び込むが、ヤクザに嗅ぎ付けられ、脅しを受け始める。

3人3様の人生を軸に"最悪"の底に落ちていく話。

 

<感想>

本の題名通り「最悪」な小説である。

3人3様がとことん最悪に落ちていき、最後の最後で3人の軸が1つに重なる。

どこまで落ちていくのかとその先が知りたくて、どんどん、どんどん読み進んでしまう。最後に少しだけ救いがある。それがあるだけで・・・ほっとした。